最終更新日 2024年5月30日 by lvator

食品ロスは世界的な問題であり、日本でも年間約612万トンの食品廃棄物が発生しています。この問題に対処するために、食品業界では様々な取り組みが行われていますが、中でも食品包装の改善は重要な役割を果たしています。

食品包装は、食品を保護し、品質を維持するために不可欠です。しかし、過剰包装や使いにくい包装設計は、かえって食品ロスを増加させる要因にもなります。本記事では、食品ロスの現状と食品包装の役割を踏まえながら、食品ロスを減らすための包装の工夫について探っていきます。

食品ロスの現状と問題点

日本における食品ロスの規模

日本では、年間約612万トンの食品廃棄物が発生しており、そのうち約328万トンが食品ロスとされています。この量は、世界全体の食料援助量の約2倍に相当すると言われており、食品ロスが深刻な問題であることがわかります。

食品ロスが環境に与える影響

食品ロスは、単に食料資源の無駄だけではなく、環境にも大きな影響を与えています。食品の生産から廃棄までのプロセスでは、多くのエネルギーと水が消費され、温室効果ガスが排出されます。食品を無駄にすることは、これらの資源を無駄にし、環境負荷を増大させることにつながります。

食品ロスの主な発生要因

食品ロスの発生要因は多岐にわたりますが、主なものとしては以下のようなものがあります。

  • 過剰な鮮度志向による食品の早期廃棄
  • 賞味期限の誤解に基づく食品の廃棄
  • 食べ残しや料理の作りすぎによる家庭内での食品ロス
  • 包装の使いにくさや過剰包装による食品の廃棄

特に、食品包装に起因する食品ロスは、消費者の行動だけでなく、食品メーカーやパッケージ設計にも関係する問題です。

食品包装の役割と課題

食品包装の基本的な機能

食品包装の基本的な機能は、食品を保護し、品質を維持することです。具体的には、以下のような役割を果たしています。

  • 内容物の保護: 外部からの衝撃や汚染から食品を守る
  • バリア性: 酸素や水蒸気、光などの侵入を防ぎ、食品の劣化を防止する
  • 利便性: 食品の保存や持ち運び、使用を容易にする
  • 情報伝達: 商品情報や調理方法、注意事項などを消費者に伝える

過剰包装による環境負荷

食品包装は必要不可欠ですが、過剰な包装は環境負荷を増大させる原因になります。過剰包装は、以下のような問題を引き起こします。

  • 資源の無駄遣い: 必要以上の包装材料を使用することで、資源を無駄にする
  • 廃棄物の増加: 過剰な包装は、廃棄物の量を増加させ、環境負荷を高める
  • リサイクルの困難さ: 複合素材の使用などにより、リサイクルが困難になる場合がある

食品メーカーには、必要最小限の包装で、環境に配慮した材料を選択することが求められます。

食品包装と食品ロスの関係

食品包装は、食品ロス削減に重要な役割を果たします。適切な包装は、食品の鮮度を保ち、賞味期限を延長することで、食品廃棄を減らすことができます。また、使いやすい包装設計は、消費者が食品を無駄なく使い切ることを助けます。

一方で、包装の使いにくさや過剰包装は、食品ロスを増加させる要因にもなります。例えば、開封しにくい包装や、中身が取り出しにくい包装は、消費者が食品を無駄にしてしまう原因になります。

食品包装を改善することで、食品ロスの削減に大きく貢献できると考えられます。

食品ロス削減に向けた包装の工夫

適切な包装サイズの選択

食品ロス削減のための包装の工夫として、まず適切な包装サイズの選択が挙げられます。家族構成や消費者のニーズに合わせて、様々な包装サイズを提供することが重要です。

例えば、単身世帯や少人数世帯向けには、小容量の包装を提供することで、使い切れない食品を減らすことができます。一方、大家族や業務用には、大容量の包装を用意することで、包装材料の無駄を減らすことができます。

賞味期限の延長を可能にする包装技術

食品の賞味期限を延長することは、食品ロス削減に直結します。賞味期限を延長するための包装技術として、以下のようなものがあります。

  • ガスバリア性の高い包装材料の使用
  • 脱酸素剤や酸素吸収剤の利用
  • 真空包装や脱気包装の採用
  • 無菌充填包装の導入

これらの技術を活用することで、食品の品質を長期間維持し、廃棄を減らすことができます。

使い切りやすい包装デザイン

消費者が食品を無駄なく使い切るためには、使いやすい包装設計が重要です。使い切りやすい包装デザインの工夫として、以下のようなものがあります。

  • 開封しやすいシール設計: 開封部分への切り込みやイージーピールシールの採用で、開封時の手間を軽減。
  • 注ぎ口の工夫: 液体や粉末食品の注ぎ口を細くすることで、必要な量だけを取り出しやすくする。
  • 分包設計: 1回使い切りの分包タイプにすることで、使用量のコントロールが容易になる。
  • リシール可能な包装: チャックやジッパー付きの包装で、残った食品を保存しやすくする。

これらの工夫により、消費者は食品を無駄なく使い切ることができ、食品ロスの削減につながります。

食品業界の取り組みと消費者の役割

食品メーカーによる包装の最適化

食品メーカーは、食品ロス削減のために、包装の最適化に取り組んでいます。例えば、大手製麺メーカーの日清食品は、カップ麺の包装を薄肉化することで、包装材料の使用量を削減しました。また、キユーピーは、マヨネーズのボトルを細くし、残量が少なくなっても出しやすい設計に変更しました

小売店での食品ロス削減策

小売店でも、食品ロス削減のための取り組みが行われています。例えば、イオンは、賞味期限が近い商品を値下げする「イオン 食品ロス削減セール」を実施しています。また、セブン-イレブンは、販売期限の近い商品を割引価格で提供する「見切り販売」を行っています。これらの取り組みにより、売れ残りによる食品ロスを減らすことができます。

消費者ができる食品ロス削減の取り組み

食品ロス削減には、消費者の意識と行動も重要です。消費者ができる取り組みとして、以下のようなことが挙げられます。

  • 計画的な買い物: 必要な量だけを購入し、買いすぎを防ぐ。
  • 適切な保存方法: 食品の特性に合った保存方法で、鮮度を維持する。
  • 使い切り調理: 食材を無駄なく使い切るレシピを活用する。
  • 賞味期限と消費期限の理解: 表示の意味を正しく理解し、必要以上に廃棄しない。

食品ロス削減は、食品業界と消費者が協力して取り組むべき課題です。両者の努力により、持続可能な食生活を実現することができます。

包装材メーカーの取り組み事例:朋和産業

食品ロス削減に向けた包装の工夫において、包装材メーカーの役割も重要です。ここでは、包装資材の製造・販売を主要事業とする朋和産業株式会社の取り組みを紹介します。

朋和産業は環境に配慮した包装材料の開発に注力しています。同社は、プラスチックフィルムのリサイクルや生分解性素材の研究を進め、持続可能な包装材料の提供を目指しています。また、食品メーカーと連携し、食品の特性に合わせた最適な包装設計を提案することで、食品ロス削減に貢献しています。

例えば、朋和産業は、コンビニエンスストア向けのおにぎりやサンドイッチの包装を手がけています。これらの製品では、鮮度保持と使いやすさを両立するために、以下のような工夫が施されています。

  • おにぎりの包装: 開封しやすく、密閉性の高いフィルム包装を採用。
  • サンドイッチの包装: 中身が見える透明フィルムを使用し、購買意欲を高める。

朋和産業のような包装材メーカーの取り組みは、食品メーカーや小売店の食品ロス削減の取り組みを支える重要な役割を果たしています。

まとめ

食品ロスは、環境や社会に大きな影響を与える問題です。この問題に対処するためには、食品包装の改善が重要な鍵となります。適切な包装サイズの選択、賞味期限の延長を可能にする包装技術、使い切りやすい包装デザインなどの工夫により、食品ロスを大幅に削減することができます。

食品メーカーや小売店、包装材メーカーは、それぞれの立場から食品ロス削減に取り組んでいます。消費者も、計画的な買い物や適切な保存、使い切り調理などを実践することで、食品ロスの削減に貢献することができます。

食品ロス削減は、食品業界だけでなく、社会全体で取り組むべき課題です。私たち一人一人が、食品を大切にする意識を持ち、できることから始めていくことが重要です。食品包装の改善と、消費者の意識改革が連携することで、持続可能な食生活の実現に近づくことができるでしょう。